こども病院ドットコムPJCT代表、通称「親方!」のブログ。 チビちゃん3人を育てるシングルパパでもある親方!の子育て奮闘記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステージの幕が開くと、そこには煌びやかな世界が。
ミラーボールが回り、会場中に華やかな光を振りまきます。

リズミカルなマーチと共に本日の出演者達が、
タキシードを着た、うさんくさい演歌歌手のような
日本人司会者に名前を呼び上げられて、
両袖からステージに入ってきました。

隣に座った子ども達を見ると、
大きなまなこに照明が反射して、キラキラと輝いています。
きっと今まで見たこともない世界がソコにあるので、
ワクワクしていたのでしょう。

マレイが
「オトーサン!この人たちはアメリカ人?」と
大音響のバックミュージックに
負けないぐらいの大声で叫びました。

小さな子どもにとって、
白い肌の外国人はすべてアメリカ人なのだ。
俺も小さいときそう思っていた。
白人はアメリカ人、黒人はアフリカ人。
大人となった今では差別的な思想だとわかるのだが、
それが当時の子どもの常識だったのだから仕方ない。
やはり今でも子どもはそうおもうのかと考えると、
なんだかおかしくてクスッと笑ってしまいました。

「違うぞ!あれはロシア人だ」

ロシアンパブでしかロシア人を見たことないのだが、
レニングラードならロシア人だろう。
時々ロシアンパブには偽ロシア人のオネーチャンもいるが、
そんな大人の事情などマレイには説明できないので、
簡単にそう言ってやった。

「ふ~ん」
と、わかってるのかわかってないのか、
よくわからない返事を返して、
マレイの視線はまたステージへ戻りました。

入場式が終わるとショーの始まりです。

ピエロのジャグリングや、
天井からステージまで垂れ下がった白い布に
宇宙人のようなオネーチャンが巻きついての空中ショー。
男2人とキレイなオネーチャンが繰り広げる
アクロバットショーは、
スパンコールでキラキラした衣装にライトがあたり、
くるくる空中回転するオネーチャンが
人間ミラーボールのようでした。

前半最後のトリは熊の曲芸。
2メートルほどの熊が、玉乗りしたり、綱渡りしたり。
人間よりも動物のほうが感動の度合いが高いのか、
子ども達は素直に「おー!すげー!」
と驚きの声を上げています。
特に3歳のヒータンにはわかりやすさが
ハートを直撃したらしく、
「クマ、スゲェ!クマ、スゲェ!」と連呼。

そんなはしゃぐ子ども達をみながら、
(よかったなぁ、素直に感動してくれて)
そう思いました。

サーカスを悲しいものとして見てしまい、
えもすれば、俺はこの人たちにさらわれて
サーカスで一生こき使われるかもしてない・・・
なんて、ネガティヴな妄想を子どものくせに持ってしまい、
サーカスを素直に楽しめなかった俺には、
はしゃぐ子どもが素直にうれしかったのです。

熊の曲芸が終わると会場に明かりが一斉につき、
前半の終了、休憩時間です。

【こどもニュース】(08/21)
「稀星(きらら)ちゃん」立山町駄目でも富山市OK 出生届の判断分かれる
原作者は激怒!ニセ第8章「ハリーポッターと中国帝国」
中国製子供服にも有害物質


「こどもの健やかな成長を願う大人達のサイト こども病院ドットコム
KB-bunner1.gif
ぜひ一度のぞいて見てくださいね!*サイトを利用するには登録が必要です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyakatarog.blog79.fc2.com/tb.php/147-1102981e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。