こども病院ドットコムPJCT代表、通称「親方!」のブログ。 チビちゃん3人を育てるシングルパパでもある親方!の子育て奮闘記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども!

熱は下がっているものの、咳がやまないヒータンは今日もお休み。
結局、一週間も保育園休みました。
ずーっとバーバが来てくれているので助かってますが、
バーバもとうとう咳き込んできたような・・・・

ほんと申し訳ない。

はい、親方!です。

かく言う私もずーっとチョイ風邪状態で、
夕べはとうとう子供たちと隔離状態でひとりで寝ました。
知人も言っていたが、今年の風邪はシツコイ!

綺麗なオネーチャンにシツコクされるならまだしも、
風邪や借金取りがしつこいのは簡便していただきたいなとw

さて、ニッポン放送のラジオで「テレフォン人生相談」ってのが
あるのだが、車で移動するときなどよく聞いております。(こっちはCBC)

そこでの問答がチト話題になっているので、ご紹介したい。


(その1)


(その2)

引きこもりの息子を持った教員でもある母の悩み相談なのだが、
どうやら(ある意味)強い母の影響が多分に感じられ、
それを諭そうとする加藤先生に対し、最後にキレてしまう過程が
非常に興味深い。

この問答をどう感じるかは、聞いた皆さんにお任せするとして、
教員を親に持つ子供が、一般社会に適応した成長をしてないって
いう話はよくあることで、
実際、子供を担任した先生(女性)の息子が、就職しても
長続きせず、結局、毎日パチンコして「プロだ」などとのたまい、
その息子とよくパチンコ屋で話していたオレに、
家庭訪問にきた先生が、
「いつもお世話になってます。ウチの息子なんとかなりませんか?」
などと逆に相談されたという、コントのようなやり取りがあったこともある。

また、僧侶で先生という父、中学校の教諭を母にもつ子供が、
(10年前の中学生当時)月に2万円ものお小遣いをもらっていて、
当時、古着と雑貨の店を経営していたオレのもとへ、
よく買い物をしに来ていたこともある。
(この子供には「子供がそんな大金もつんじゃない!」とよく説教した。
 買い物をする客に「買うな!」という店主もおかしなものだがw)

何が言いたいかというと、子供のプロと言われる人々も、
自分の子供にはうまく対応できないことが多く、
それだけ「子育て」は難しいということだ。

子育てをする親と言う前に、
親は「大人」という自覚を持たなければならないし、
その「大人」という意味も(捕らえ方は千差万別あるだろうが)
理解していなければならないと思う。

そんなことをこの音声ファイルを聞いて考えました。

加藤先生の最後の言葉
『コミュニケーション出来ない人は人間関係の距離感がありません』
いろいろと考えさせられ、反省させられる言葉です。

そんなことを考えながら、こども病院ドットコムの「愛情コラム」に
最近寄せられた「障碍児の母となり」を更新しつつ読んでいたら、
熱いものがこみ上げてきてしまった。

人もそれぞれ、大人もそれぞれ。そして親もそれぞれなのだ。

子供は親を選べないと言うが、次男は障碍があるとはいえ、
貴女の子供でよかったと思っているはずだ。

ほたる!がんばれ!!!オレもがんばるぞ!




【こどもニュース】

脳トレ・DS“ゲーム脳理論”の森昭雄教授に聞く「良い効果の可能性も
 一日15分って、それは無理だな。我が家は一日2時間までと決めてるが、
 一時間に減らす努力はしようと思う。あと本も読ませないと。
 コロコロコミックはダメなんですよねぇ?先生。

大好評メガマックの「兄弟」発見
 オレはマクドでハンーガー2個食べて、吐いた事がある。
 ただそれだけだ。オチはないw

「こどもの健やかな成長を願う大人達のサイト こども病院ドットコム
KB-bunner1.gif
ぜひ一度のぞいて見てくださいね!*サイトを利用するには登録が必要です。

こども病院ドットコム内に作った「ノロウィルス」に関するページです。
このページは登録なしで見れますので、ぜひご観覧を。
20061226131043.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょびっと聞きました・・。
私だったら、こういう方とは言い争いになりたくないので黙ってフェードアウトします。
口調のきつさからも、かなり強い女性を想像させますね。
2007/02/09(金) 19:46 | URL | さすけ #6j50rGwg[ 編集]
>さすけ

まぁ、気が強くてプライドが高い女性で
あることは間違いないでしょうな。

2007/02/13(火) 10:15 | URL | 親方! #-[ 編集]
こっちにも、書いちゃいます♪

いやあ~教育のプロというよりもそれ以前の人間性の問題ですな。
かわいそうなのはこの女性の夫。
夫がいたからあなたは仕事ばっかりできたんだよ、といいたい。

生活のために働くのは大切。
でも、産んだ子の責任はあるんだよ、と。
夫にすら感謝できない、彼女との生活、夫はパチンコに逃げるしかなかったように思いますね。
予測ですからわかりません。

働かない夫をなんとかしなかったのも、あなたの人生の選択だし、
その夫に子育てをまかせきってたのもあなたの人生の選択だし。

自分の人生なんだから自分で責任取るしかないんですが、どうしようもないから相談している、っていうのはわかりますが、「なんとかしよう」という気持ちがどこにも見えない。すなわち、親の愛が見えない。

お金の話ばかり。


彼女がいう「私は友達もたくさんいます、うるさいくらい」ということば、なんだか、薄ら寒く感じたのは、私だけかしらね。

でも、こういうひと、結構現場でみますよ、医療の。
私も気をつけようW
2007/02/15(木) 10:20 | URL | CHICO #5Gg6z9h6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oyakatarog.blog79.fc2.com/tb.php/46-db5613ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。